逃げ切りセミリタイアを目指して

40代ダメリーマン、資産運用で人生逃げ切れるか?

MENU

【2021年】半年の資産運用を振り返る

 

f:id:nigekiri:20210223135153p:plain

さて、今年も早いもので半分が過ぎました。
そこでよくある振り返りをやりたいと思います。

 総資産の推移

総資産は半年で以下の通り増加しております。

  2021年7月 2021年1月 年初比 差額
総資産 44,483,999 39,928,826 +11.4% +4,555,173

400万以上増加ということで半年で私の給与年収ほどが増えたことになります。

各資産の推移

続いて、各資産の半年の推移です。

  2021年7月 2021年1月 年初比 差額
特定口座 10,213,727 7,463,176 +36.9% +2,750,551
つみたてNISA口座 1,971,139 1,421,083 +38.7% +550,056
DC(企業型確定拠出年金) 5,352,440 4,377,288 +22.3% +975,152
FX 11,582,199 11,338,416 +2.2% +243,783
現金・その他 15,351,846 15,289,910 +0.4% +61,936

現金はそんなに増えていません、投資に回せているものと思われます。
つみたてNISAと特定口座で大体毎月15~20万ほど積立やスポット買いで投資に回しています。

アセットアロケーションの推移

株式・ETF投資信託アセットアロケーションの半年の推移です。

  2021年7月 2021年1月 差額
資産合計 ¥17,483,806 ¥11,440,876 +6,042,930
<内訳>      
先進国株式 ¥6,167,546 ¥3,658,704 +2,508,842
日本株 ¥4,194,111 ¥3,367,409 +826,702
新興国株式 ¥2,160,643 ¥1,680,775 +479,868
先進国債 ¥2,406,971 ¥1,224,815 +1,182,156
日本債券 ¥135,300 ¥281,235 -145,935
新興国債券 ¥135,300 ¥133,516 +1,784
先進国REIT ¥535,846 ¥254,114 +281,732
日本REIT ¥1,223,637 ¥826,788 +396,849
新興国REIT ¥0 ¥13,520 -13,520
コモディティ ¥524,450 ¥469,350 +55,100
 割合
  2021年7月 2021年1月  増減
先進国株式 35% 32% +3.0%
日本株 24% 29% -5.0%
新興国株式 12% 15% -3.0%
先進国債 14% 11% +3.0%
日本債券 1% 2% -1.0%
新興国債券 1% 1% 0.0%
先進国REIT 3% 2% +1.0%
日本REIT 7% 7% 0.0%
新興国REIT 0% 0% 0.0%
コモディティ 3% 4% -1.0%

 先進国株式が増えています、まぁ米国株が好調ですからね、一方、新興国株は昨年の勢いがありません、日本株もずっとヨコヨコ状態ですね。
米国国債ETFの積立も始めたので先進国債券の割合も増えています。ただ、ここのところ長期米国国債の利回りが低下しているのでこのまま積み立てるべきか否か悩ましいところです。

 資産運用での資産増加分

では、資産運用によっていくらくらい資産が増えたのでしょうか?

収入として給与・賞与の半年の手取りが大体200万、DCの積立が6か月で33万です。(自己アフィ等の収入はありますが、それも数万円といったところです。)

支出として半年の生活費が引越などあったにもかかわらず、大体60万ほどとなっております。(マネーフォワードがPayPayに対応していないので、計上されていない生活費がありそうですが、誤差は5万もないと思います。)

上記の「収入」から「支出」を引いたものを「半年の資産増加」から差し引いたものが純粋な資産運用による増加分となります。

半年の資産増加(A) 給与・賞与(B) DC積立金(C) 生活費(D)

投資での増減
(A)-((B)+(C)-(D))

4,555,173 2,000,000 330,000 600,000 +2,825,173

 約280万円 が資産運用による増加分(税引き前)です。

総括

前半の半年で総資産に対して+6.3% の増加です。
このまま年末までいけば年利12%を超える勢いです。
しかも私は総資産4400万のうち、実際に投資に回しているのはFX自動売買を含めて2000万ほどですので、異常な好調さと思います。

調子に乗ってリスクを取り過ぎないよう、リーマンショックで培った高所恐怖症の警戒心は忘れないようにしたいものですw

資産状況 2021年7月

総資産

  今月 前月 前月比
総資産 44,483,999 43,624,218 +2.0%

資産内訳

  今月 前月 前月比
特定口座 10,213,727 9,810,905 +4.1%
つみたてNISA口座 1,971,139 1,913,918 +3.0%
DC(企業型確定拠出年金) 5,352,440 5,224,104 +2.5%
FX 11,582,199 11,613,387 -0.3%
現金・その他 15,301,846 14,997,936 +2.0%

アセットアロケーション

株式・ETF投資信託
資産合計 ¥17,483,806  
 内訳 割合
先進国株式 ¥6,167,546 35%
日本株 ¥4,194,111 24%
新興国株式 ¥2,160,643 12%
先進国債 ¥2,406,971 14%
日本債券 ¥135,300 1%
新興国債券 ¥135,300 1%
先進国REIT ¥535,846 3%
日本REIT ¥1,223,637 7%
新興国REIT ¥0 0%
コモディティ ¥524,450 3%

 

 

f:id:nigekiri:20210703094325p:plain

今月のトピックス、特記事項

  • ドル/円、AUD/NZDで運用中のFXの自動売買の損益は+35万ほど、急激に円安が進んで1ドル111円台へ
  • 日経平均は先月とかわらず28,000円台
  • S&P500は7月2日も最高値更新
  • HDVがコロナ前の水準に戻り積立を停止
  • SBI証券の投信引越キャンペーンで手数料は無事キャッシュバックされる
  • SBI証券で新たにクレカ積立(月5万円)を設定、初回買付は8月から
  • その他、個別株を単元未満でいくつか購入
  • 夏のボーナスは前年比+17%、いろいろあったので減らされると思いきや意外な結果に

転勤をすることになった

今の仕事が嫌なので会社を辞めると上司に相談したところ、打開策として転勤が提示されたのでそれに乗ることにしました。

転勤に係る諸経費

転勤に伴い、引越費用など諸々の経費が掛かりますが、結局それは自腹となるようです、過去事例などを盾に会社がそう言うので従うしかありません。

まあ、あまり会社に負担させても、この後こちらが会社を辞めづらくなるのでそこは受け入れると心の中で割り切りましたw

見知らぬ土地で新たな生活が開始

私が住む賃貸物件は野良猫が住み着いていて鳴き声がやかましかったり、ウォータハンマー(他の部屋で蛇口を閉めると「ガンッ」と鳴るやつ)がやかましかったり、ヤフオクで電子レンジを購入して届いてみたら扉のガラスが粉々に割れていたり、などなど、前途多難な出だしでしたが、まぁ徐々に落ち着いてきて、何とかなるかなという感じです。

地方都市で家賃は3.5万円、この土地で新たな生活が始まります。
近くに業務スーパーもあるので食費はそれなりに抑えられそうな気がしますw

退職のタイミング

コロナで海外に行きづらいという状況があったので、結局は退職を躊躇しました。

が、以前のように海外に行けるようになれば会社を辞めて海外生活を満喫したい気持ちは全く変わっていません。

今後ワクチン接種が進んで海外渡航のハードルが下がればまた海外に行きたいと考えています。
親の年齢、自分の年齢、手持ちの総資産、それらを考慮して、会社と決別して自分の裁量で好きなように時間を使える生き方を模索する、そんな決断をそろそろしないとダメと思う今日この頃です。

資産状況 2021年6月

総資産

  今月 前月 前月比
総資産 43,624,218 42,892,816 +1.7%

資産内訳

  今月 前月 前月比
特定口座 9,810,905 9,328,207 +5.2%
つみたてNISA口座 1,913,918 1,813,136 +5.6%
DC(企業型確定拠出年金) 5,224,104 5,061,089 +3.2%
FX 11,613,387 11,578,424 +0.3%
現金・その他 14,997,936 15,047,438 -0.3%

アセットアロケーション

株式・ETF投資信託
資産合計 ¥16,898,027  
 内訳 割合
先進国株式 ¥5,976,126 35%
日本株 ¥3,969,318 23%
新興国株式 ¥2,130,185 13%
先進国債 ¥2,347,914 14%
日本債券 ¥133,649 1%
新興国債券 ¥133,649 1%
先進国REIT ¥510,634 3%
日本REIT ¥1,171,104 7%
新興国REIT ¥0 0%
コモディティ ¥525,450 3%

 

f:id:nigekiri:20210607002038p:plain

今月のトピックス、特記事項

  • ドル/円、AUD/NZDで運用中のFXの自動売買の損益は+38万ほど
  • 日経平均は相変わらず30,000円を回復できず現在28,000円台
  • NYダウ、S&P500は5月も最高値更新
  • FTSE100が7000ポイント突破で手を出せず。
  • HDVがコロナ前の水準に戻るが積立は継続中
  • SBI証券の投信引越キャンペーンを利用してカブコムで購入した50万円分の投信(昨年のPontaプレゼントキャンペーン時購入)をSBI証券に移管、手数料はキャッシュバックされる(はず)。

すっきりしない日々

天気も気分もすっきりしない日々が続いています。
梅雨入りもしたのかしてないのかよくわかりません。
コロナの状況も良くならず、晴れていても出かけるのに気が引けます。

会社を辞めて時間を貰っても・・・

6月からGoToトラベル再開はあり得ないでしょうね。
ある程度コロナワクチンの接種率が増えてからじゃないとダメな気がします。

ワクチン後進国の日本人が海外にいけるのはいつになることやら・・・
高齢者の私の親は7月のワクチン接種の予約が出来たようですが。

この状況で会社を辞めて時間を貰っても何も楽しめません。
かと言って勤労意欲も湧いてきませんw
どうするのが良いのか、悩ましいすっきりしない日々が続きます。

ミッション1はクリア

さて、GWも終わりました、これから地獄の労働の日々が続きます。
今年度の有給休暇はまだ40日あるので、明日から体調不良で有給消化しても6月末の夏のボーナス支給までは会社に在籍できそうですw
夏のボーナスGETでミッション1クリアです。
nigekiri.hatenablog.com

 ミッション2は?

ミッション2の「GoToトラベルフル活用」についてはなかなか厳しそうです。緊急事態宣言も5月末までに延長されましたし、仮に6月に宣言解除となってもいきなりGoToトラベル再開は世論が許さないような気がします。

私個人としては二階さんにがんばってほしいのですがw

人売りITのメリット

 私自身の退職についても上司に退職の意向は伝えてあるものの、再異動の選択肢も含めて調整というフェーズに入ってしまい、現在どうなっているのかよくわかりませんw

私は人売りIT業界に身を置いて10数年ですが、ビジネスモデルは実質ただの派遣であり、帰属意識もない会社の売り上げに貢献したいという気持ちもまったく湧いてくることはありませんでした。
日々考えるのは私個人のキャッシュフローのことだけですw

ただ、今回の件でもし再異動になればまったく知らない会社の現場にアサインされるかもしれません。そうなると日々の業務においては実質転職したくらいの変化が生じます。
今の現場のクソプロパー様とも一切かかわることがなくなりますw

正社員ですが実質派遣みたいな働き方なので自分に合わない現場であればチェンジしてもらえるフレキシブルさ(責任の無さ)が人売りITのメリットかもしれません。

と言っても程度の問題でそう何回もチェンジしてもらえないと思いますがw

資産状況 2021年5月

総資産

  今月 前月 前月比
総資産 42,892,816 42,347,400 +1.3%

資産内訳

  今月 前月 前月比
特定口座 9,328,207 9,177,437 +1.6%
つみたてNISA口座 1,813,136 1,763,624 +2.8%
DC(企業型確定拠出年金) 5,061,089 4,988,284 +1.5%
FX 11,578,424 11,478,775 +0.9%
現金・その他 15,047,438 14,889,280 +1.1%

アセットアロケーション

株式・ETF投資信託
資産合計 ¥16,202,432  
 内訳 割合
先進国株式 ¥5,655,787 35%
日本株 ¥3,806,265 23%
新興国株式 ¥2,026,552 13%
先進国債 ¥2,319,540 14%
日本債券 ¥130,232 1%
新興国債券 ¥130,232 1%
先進国REIT ¥470,356 3%
日本REIT ¥1,176,916 7%
新興国REIT ¥0 0%
コモディティ ¥486,550 3%

 f:id:nigekiri:20210501153848p:plain

今月のトピックス、特記事項

  • ドル/円、AUD/NZDで運用中のFXの自動売買の損益は+35万ほど
  • 3度目の緊急事態宣言、日本株は停滞中、日経平均は28,000円台
  • NYダウ、S&P500は4月も最高値更新
  • ワクチン接種が進むイギリスのコロナ患者数激減、FTSE100が7000ポイント辺りまで戻ってきた。(6500を切ったらCFDを仕込むつもりで3月頃から狙っていたが難しそう。)
  • コロナ前の水準に戻ったSPYDの積立停止、HDVは継続
  • (2621)iシェアーズ 米国債20年超 ETF(為替ヘッジあり)を積立開始